1月31日「原因」

20台前半の頃トラでやってたTOTOとJOURNEYのコピーバンドの音源カセットを発見。
さっそく聴いてるとそのときのいろんなことをおもいだす。
スタジオでレコーディングを手伝って欲しいと頼まれて
「あほか、なんでそんなもんわざわざレコーディングすんねん」
などとおもいつつスタジオへ行くと、たしか当時はまだテープ回してた時代だったのだが、
まだそのへんのスタジオではめずらしいデジタル録音機材の入ったところで
そこのボンボン育ちのオーナーゆうのがこれまたわけのわからんやつで口を開くと
「いやあ、うちはデジタルですから音いいんですよ」これしかゆわん。
ひと通りリズム録りが終わってプレイバックしてみる。
「ミルクせんべいみたいな音やな」「いやあ、デジタルですから」あほかこいつ。
キーボードの兄ちゃんだけはわかるわかるゆう顔しとって
「このペラペラせんべいの上に何乗せんねん」
「どないしましょか?」
「REX50とってくるわ、それで充分やろ」
「そうでんな」
で持って行ったアンプ類使わずREX50を卓につっこんでライン録音。
結局それでも上モノがどうしても勝ってしまう笑う音源に仕上がる。

デジタルという言葉に引っかかる原因はこいつのせいやとついに思い出しました。
でも使ったんデジタルディストーションやったのよね。デジタルに罪は無しやな。


1月30日(金)「残されたものとして」

今は亡きギター弾きに引導を渡す会に出席(笑)。遅くまで呑む。
あやつは自分にとってある意味恩人なんで、残されたものを何とか形に出来ればとおもう。


1月29日(木)うれしくもあり、さみしくもあり

小学生の頃は時計ばかり見てた生徒が急に変わる瞬間があってびっくりすることがふえてきたな。
いわゆる高齢の人でもそれがあったりする。大体がフォームも音も急に良くなる。
そこまでが勝負でもあるし、そこからが勝負でもあるな。


1月28日(水)「ええぞ!」

発表会を控えて小学生から大人まで皆さん熱が入ってきた様子を感じます。


1月27日(火)

伊那新年会からレッスン経由で帰還。
よりによって一番寒い時だったようで、そとは−14.5℃。
飲んで食って話して弾いてごろごろして。

                   


1月23日(金)

久々の自宅レッスン。静かで響きがよいな、ここは。

                   


1月22日(木)

おかんからメールがあり親父の生体検の結果シロとのことでやれやれ。
とにかくひとまずまあよかった。

これで今週末は晴れて仲間の待つ伊那極寒新年会へとなだれこみやな。


1月21日(水)

発表会まで一ヶ月を切ったせいか出る人の練習量が増えているよう。
今日の録音が役に立つことを祈っています。


1月19日(月)

レッスン後友人のライヴを観にパラカフェへ。
帰るはずが知らぬ間にウチアゲの席に。歯痛薬を飲みながら呑みたおし。


1月18日(日)「あーたた」

ウェブサイトの引越し完了。
雨やし歯痛で一日ユーウツやし、行くはずだったコンサートもキャンセルしたし、自分で作った曲やのにうまいこと弾かれへんし。
まさに陰々滅々、とかいいつつもやっぱりメシもサケも旨いやんけ。


1月17日(土)「痛い」

オヤシラズが動いている模様、痛さで録音に集中できず。。。


1月16日(金)「引越」

サーバー容量が足りなくなってきたんで、移動の準備をあれこれ。
今日は生徒さんからの暖かい差し入れに感激。ありがとう。


1月14日(水)

先日の京都は親父の見舞い。ほとんど立てなかったのが手術後立てるようになったとの連絡があり、ほっとひと安心。
生体検の結果はまだ気になるところやけど。


1月12日(月)

久しぶりに昔よく行った地元の焼き鳥屋へ、自分の中ではここが一番、安くて旨すぎ。
帰りはどうも新幹線という気分でもなかったので在来線で米原〜大垣経由で名古屋まで。
いわゆる「東京行大垣夜行」コース。夜行列車てええもんです。

             


1月11日(日)

所用で京都へ。
この街にはなんか複雑な感情があるんやけど、帰るとほっとしたりもするねんな。

              


1月9日(金)

自分で主宰しているレッスン会場を飛び回る一日。
弦にこう触ったらこんないいトーンが出たとかまずそっちのほうが大切。
まずシンプルに一音いい音を出せるようになりましょう。ほんと「しめしめうひひ」やで。


1月8日(木)

昼間のリズムに慣れてきた感じ。夜眠くなること自体が新鮮というのも。。。


1月7日(水)「美醜」

あるレッスン生が課題として取り上げた曲を採譜してみる。いわゆるコピー作業。
前のレッスンでその人の持ってきた譜面、ネットで拾ったのかタブ譜というやつをみてちょっと危険なものを感じたゆえ。
五線とタブの2段譜なのだが、まず五線譜のほうが酷い、元の演奏は大変優れた編曲が音価などかなりシヴィアに
計算されているものが全く無視されて適当な音符の羅列である。編曲者と演奏者への敬意もへったくれもない。
この譜面見て一体どんな音楽が出来るんやろか、まあ数字見て適当には弾けるけれども。。。
あえて苦言、譜面に対して「中国産の食材はちょっとねえ」ぐらいの意識はレッスン生の皆さん持って欲しいもの。
でないと時間かけただけ逆にダメになっていくような気がします。。


1月6日(火)

なんとなく昼間の生活リズムで生きてるけど、身体のとまどってる感がすごい。
ボーとしてるけどやはり午前中の稽古は新鮮でよろしい。


1月5日(月)

仕事初め


1月4日(日)

年末からサケを呑みつつ新曲の稽古にハマる。
寝てるか酔っ払ってるか稽古してるか。
稽古してるだけマシやな、今年は。
自分の曲ながらなかなか上手く弾けんのがごっつハラ立つのです。


1月1日(木)明けましておめでとうございます」

久しぶりに移動の多い大晦日から元旦でした。
今年もまた余計なことを考えずに頑張りたいと思います。

 





                   
Copyright(C) 2000-2009  GET THERE PARTY. All Rights Reserved

inserted by FC2 system