5月

3日
世間はGWというやつか車が多かった。
教室の帰りに先日のライブ音源を渡すためいじりんまで花紗音の大谷君と会う。
その場で数曲即興でセッション、大受け。18日来て下さいね!

4日
ペータさんに譜面を送る、唄いながらこれを弾くのはすごいなとおもう。
6月のミノヤホールでの共演が楽しみである。

花紗音のサポートをしていてずっと不思議だったこと、”とんび”という曲でなぜこんなに切なくなるんだろう。
まともなフレーズが弾けなくなる。
なんでだろ〜♪である。今日ずっと封印していたそれに気付いた。君がいつも口にしていた言葉やね。
次のライブの演奏は君に捧げようと思います、なんちゃって。
草葉の陰から見守っていてくれたまへ、一回やめたけどやっぱり音楽で生きとりますわ。ちょっと感傷的でんな。

5日
家族でドライブ、目的スポットに着く前になると決まってチビが爆睡
無理やり起こすのも気の毒なんでどこも入らず。
親ふたり腹減ってたんで、食事の時はたたき起こし、ガツガツ食らう。
チビもうまそうに食ってたしまあOKですな。

8日
”ときわ”のボーカル西野みきさんの訃報を知る。
みきちゃん、安部ちゃんと三好さんとのユニット”ムートンチャック”の拾得ライブ音源聴きながら書いてます。
12年前付き合っていた彼女が死んで半狂乱になって家に押しかけた時三好さんと二人黙って話を聞いてくれたこと感謝してます。
あの時なんか救われて今再び音出して生きてまっせ、みよっさんも”大西ゆかりと新世界”でガンガンいかはるやろしな。
ちょっと混乱

10日
超寝不足でレッスン生徒の演奏を子守唄に寝る。ごめんね、それほど心地よかったってことでんねん。

知り合いの子供が亡くなった事を知る、訃報続きで気分が重い。

11日
伊勢RHYTHMでギタリスト
岸部眞明氏のライブ、フィンガースタイルギターを習いに来ている生徒2名大興奮!
こちらではそんなギター弾きのライブなぞめったに無いので刺激強すぎ。
24年前大阪まで一人でギタートリップ見に行って震えながらイサト氏の本にサインもらった自分を思い出すなあ。79.8.12とあるわ。
そのままにしておくと、声もよーかけん状態だったので、かたずけ中の岸部君のところに引っ張っていって”なんでもええから、話してこい!”
と、ケツをたたく。長い間Q&A状態だったようで、こっちは一人ですっかり酔っ払ってしもたやんけ。岸部君おおきに!彼らにとっていい刺激になったことでしょう。

12日
名古屋の帰り、手違いでまたもや喫煙車両に乗る事に。普段結構ヘビイに喫煙するのですが、あれだけはいけません。

13日
趣味の禁煙週間スタート

16日
花紗音リハーサル、Egで参加する曲がいい感じである。

17日
高野悦子「二十歳の原点」が荷物の中から出てきた。二十数年振りに読み返す。
まだ失っていないな、と思う。
河原町荒神口の喫茶店「シアンクレール」も閉店したと聞く。もいちどコーヒー飲みたかったな、感傷。

18日
花沙音のサポート、さまざまな場面から彼女の葛藤などが読み取れる(こちらの一方的解釈かもしれんけど)
そして前へ進もうともがくエネルギーも感じる。着実に進化しているな、いいユニットである。

19日
今日は禁煙車両に乗る、タバコ止めたし当たり前か。

21日
7月の発表会を控え、生徒たちの演奏に対しての不安と緊張感のせめぎあいが見て取れる。

22日
よく当たると噂の占いサイトとやらで自分の事を調べてみる

全体的にどこかはかなげなイメージがあり、”男性的”という言葉には縁遠い、
落ちつきのないふらふらとした人が多い。
本人も、金銭的な欲よりはむしろ、色々なことをやりつつ、その時々に興味のあることに一途にとりくむ方に夢中で、執着もあまりない。考え方もオリジナリティに富んでおり、人まねの人生を生きることをきらう。プライドが高く、自分の中の精神的な部分や信念に忠実、不正も大きらいで大まじめなので、今の世の中の仕組みとはいささか異なってしまうことから、他人からは
”わけのわからない人”となってしまいがちである。
また、がんこなので、そのひとりまがりさが、変化できない所が強みといえば強み、弱みといえば弱みだろう。ただしそのがんこさが、きつくは出ず、ひょうひょうとして我関せずなので、
底知れぬ謎めいた人とも受けとられがちである。ただしそれをバカにされたりすると、手のつけられない暴走をはじめることがあるので注意してほしい。
頑固なくせにおだやかなので世渡りはあまりうまくない。ただ、私利に走るといういやしい所があまりないため、人望が厚いので結局は自分のやりたい方向性に向かってスムーズに進んでいくケースが多い。どこか
浮世離れしているような所が逆に他人からは信用されてゆくポイントになるのだ。落ちつきのなさを生かして、海外をうろうろしてゆくうちに幸せになるヒントをつかんでくる人もいる。とにかく人から悪口言われることは少ない人が多いが、その分やはり金銭的には苦労するかもしれない。
あまり浮世離れしすぎると生活にさしさわる。
変人の名人タイプとはいえ、名誉ばかりでは食べてゆけない。また、協調してもらえることは多くても自分には協調性はあまりない方なので、あまりにもワンマンになりすぎてまわりをふりまわすことのないよう。口が悪いので敵をつくってしまわないこと。
争い事をさけ、清く正しく自分を作ることが大切である。

ふーんそうなんや。

23日
上の内容よく言い当てているということです (かさね談) 変人の名人タイプゆうのがよろし、コンテストでもあったら入賞できるかも、変人でも食えてまっせ-。
清く正しくなんぞ無理やけど、そう自分を作れゆうとこがポイントかも、要は嘘をつけゆうとるんやろこれ。でもなんかいろいろと心配してくれてるのがいいなあ。
まあ占いとかって、ピザのトッピングぐらいの扱いでいいのだ。それだけ食いすぎて腹壊してるような人もいっぱいいるけど。
占いで思い出したけど10年ちょっと前生徒に霊能者で占い館を経営する強者の女子高生がいて、そいつに”女難の相がある”などといわれ
とある霊能占い師のところに連れていかれたことがあったな。今日は眠いのでもうやんぺ、またそのうちに。

個人情報保護法、参院で可決・成立 ろくでもないことなのになぜこんなに静かなんだろう?

24日
ヤマハの研修で名古屋へ、終了後名物といわれる手羽先を貪り食う。うまい!30本ぐらいはいけそう。

25日
一週間前のライブ音源を聴き直す、ギターがいいとラインの音もこうも違うもんか、ちなみにギターは借り物のグレーベンDヘリンボーンDX。
抜群である。完璧といわれる某ギターショップのセッティングの技術がよりこのギターの持ち味をより生かしている。セッティングて重要やな、やっぱり。
ギターはただの道具だけど「道具」道が具わっている、そこに精神性を高めるものが必要なんやな。そんなものに多く出会いたい。
これって日本の文化の中にずっとあるもんやんけ、最近は目先の利益に追われて中国製のものや心ない「安い」気持ちのはいっていないものが
あふれてるけど。

26日
レッスンで名古屋へ、残念ながら6月いっぱいでやめることに。

27日
関西人としては
こういったDMが来ると妙にうれしくなってしまう。板尾にホンコンやん!わろてるで!

29日
養老さんから6月の大阪のライブの件で電話、ギターソロと数曲バッキングをすることに。
しかしこの日は他のゲストが凄い、小松原さん、ペータさん、赤崎さん、皆ソモギ弾きである。
アコースティックギター好きにはたまらんライブになることは間違いないでしょうな。
打ち上げその後がもっと楽しみである。皆様よろしくお願いします。

30日
M's BaseにてZTV収録、でも伊勢では見れないのよね〜。誰かV見せて下さい!
その後、いじりんまへ。大谷、いちろ&ひでさんでセッション。


4月6月 inserted by FC2 system